頬たるみの原因は?

若いころは頬たるみなんて自分には関係ないことのように思っていても、30代になる頃から徐々に頬たるみが気になってくる女性は多いと思います。もちろん頬たるみは女性だけに特有のものではなく、男性でも頬たるみが出てくるとやはり老けて見えるようになってしまいます。
寝ている間に頬に枕の跡がついて、起きてからもなかなか消えてくれない、という経験がある人は頬たるみに注意した方がいいでしょう。
また、頬の毛穴が縦に伸びて楕円形になっていると、頬たるみが始まっている証拠です。

頬たるみに気がついたら、すぐに対策しましょう。あきらめて放置してしまうと頬たるみが進んでしまいます。くっきりとしたほうれい線が刻まれてしまう前に、万全の対策をすることで頬たるみは解消できます。

頬たるみの原因:重力

頬についた皮下脂肪が、重力にしたがって下にたれてきてしまうのが頬たるみです。
若いときはコラーゲンが豊富なので、重力に負けずにハリのある肌でいられますが、加齢とともにコラーゲンが減少していき、重力に逆らえなくなることで頬たるみが生まれます。

頬たるみの原因:紫外線

紫外線は代表的なシミの原因だと思われますが、実はたるみの原因にもなっています。紫外線は頬たるみを食い止めてくれるコラーゲンを破壊することで、頬たるみを進行させます。
コラーゲンが減少すると肌の弾力性が失われて、頬たるみの原因となってしまいます。

頬たるみの原因:表情筋

表情筋の衰えも頬たるみの原因となります。表情筋はふだんから意識してトレーニングすることで簡単に鍛えられますが、意識しなければ使わない筋肉も多いため、頬たるみを解消するためにはしっかりと表情筋を鍛えなければいけません。

頬たるみ対策をしましょう!

頬たるみ対策:マッサージ

マッサージをすることで、むくみの解消や表情筋をきたえる効果があり、頬たるみ対策となります。マッサージをする際には、肌への摩擦を軽減するために必ずクリームなどをつかってケアしましょう。
また、日常生活でも意識するべきなのは、「下から上」という向きです。
たとえば、化粧水を含ませたコットンを肌にすべらせるときも下から上に向かってなじませましょう。洗顔のときも下から上に洗うように意識したり、ファンデーションも下から上に塗ったり、頬に触れるときは必ず「下から上」が頬たるみ対策の基本です。

頬たるみ対策:ストレッチ

ストレッチで表情筋を鍛えることで、頬たるみ対策になります。

1 顔のパーツをすべて顔の中心に寄せるような意識で顔をすぼめる。
2 すぼめた筋肉を解放するように、目を見開き口も大きく開ける。

これを5秒ずつ、3回セット行うことで頬たるみ解消に近づきます。
道具も必要なく、簡単にできるストレッチなので、家の中など人目の気にならない場所で暇な時にやってみるといいかもしれません。

また、常に笑顔でいることも頬のストレッチになります。
しかめっ面で口角の下がった表情をしていると、頬たるみだけでなくシワの原因にもなってしまいます。

頬たるみ対策:サプリメント

加齢で失われたコラーゲンを補うためには、サプリメントが最適です。
コラーゲンを意識した食事を毎日とるのは難しいですが、サプリメントであれば手軽に足りないコラーゲンを補ってくれます。
コラーゲンの摂取は、たるみだけでなく様々な肌トラブルにも効果的です。シミやシワ対策のためにもコラーゲン摂取は不可欠なのです。
また、ビタミン類の摂取も頬たるみ対策に欠かせません。

頬たるみ対策:エステ

お金をかけてでもいいから、頬たるみを改善したいという方にはエステで頬たるみ対策をすることをおすすめします。
たいていのエステにはたるみ解消のコースが用意されています。
専用の機器を使い、専用のケア用品を使い、一人一人に合わせた丁寧な頬たるみ対策を行ってもらえるので、やはり自分の力だけで対策をおこなうよりも頬たるみ解消効果があげられるでしょう。

頬たるみ対策:美容外科

エステでの施術は不安だという人は、美容外科に相談しましょう。
美容外科であれば免許をもった医師が施術するため、エステよりも安心して頬たるみ対策ができるはずです。
美容外科での頬たるみ対策は、まずはカウンセリングを受けるところから始まります。カウンセリングは無料の美容外科が多いので、いくつか無料カウンセリングを受けてみてから安心できる美容外科を見つけて施術してもらうのがいいかもしれません。